体験談

ある日、学校へ行かなくなったAくん

ある日、一人の少年がやってきました。彼の名前はA君、小学6年生です。それまで、何事もなく学校に通っていたA君でしたが、「その日」は突然やってきました。

ボク、なんか、学校行きたくないな…。

experience01 A君の不登校は、ある日の朝の、そんなつぶやきから始まりました。お父さんも、お母さんも、その時は、子どもにありがちな、ちょっとした怠け心だろうと思って、意に介しませんでした。ところが、A君の場合は、違いました。
「その日」から、A君と、A君のご家族は、出口の見えない不登校の期間に入っていくこととなったのです。
 ご両親は悩みました。自分たちの教育が間違っていたのだろうか? 子どもに、知らず知らずのうちに、無理をさせていたのだろうか?学校で何かあったのだろうか…? いろいろな思いが浮かびます。そして、まずは、A君を学校に連れて行こうとがんばりました。
 しかし、登校に付き添っても、校門を前に体が動かなくなり、じんましんを起こすA君を見て、これ以上は無理強いできないと、お母さんは思いました。

「いったい、なぜ…。」

 このように、不登校は、ある日突然やってきます。
 さて、このA君、不登校となって間もなく、昼夜逆転の生活となりました。遅く起きてきて、昼間はゲームをやるかマンガを読むかの生活です。外出をほとんどしないので、体力も落ちて行きました。表情が乏しくなり、家族に乱暴したり、家の中で暴れたりするようにもなりました。
 当時を振り返って、お父さんはこう言います。

「あっという間に子どもが壊れていく姿を見て、どうしたらいいか、全くわからなかった…。」

experience02

 ここで、ご両親は、迷いに迷った末、ある決断をします。A君から、ゲームを取り上げることにしたのです。マンガは、昼間ちゃんと勉強した時だけ読んで良いことにしました。昼間の勉強。そう、この昼間の勉強をするために、A君は、ご両親とともに、不登校児支援スクール「ネバー・マインド」にやってきたのです。
 そして、ひと夏の奇跡が起こりました。A君は、3か月間通い、2学期からは学校へ戻り、中学受験も見事合格したのです。

 不登校という問題は、人生の問題集のなかでも、最大級の「難問」です。
 その難問に出会ったら、誰だって、答えが出なくて苦しみます。解くことをやめたくもなります。自分がダメな人間に思えてくることだってあるでしょう。

そんな時こそ、ネバー・マインド!
(気にしなくていい!)

experience03 不登校児支援スクール「ネバー・マインド」は、あなたの中に眠る「宝物」を、一緒にさがすお手伝いをしています。

words-title

ある時、心から、すべての人の幸福を願うことができた。
それから、世界が変わり始めた。
非難していた人たちが、挨拶をしてくれる。
冷たい視線で見ていた人が、話しかけてくれる。
多くの人が、僕たちの経験に学びたいといってきた。
僕は、この春、新しい世界へと、旅立っていく。

「ありがとう」
ありがとう ありがとう ありがとう
僕がここにいるのは両親のおかげ
ありがとう
僕が僕であれるのはみんなのおかげ
ありがとう
神さま、今までの人生本当に楽しかった
つらい事、苦しい事、悲しい事、いろいろな事があった
でも、そのたびに僕は愛に助けられ 愛のぬくもりを感じる事ができた
神さま本当にありがとう
僕は、これから「感謝」の人生を歩みます。

words-title02

「ありがとう」 旅立ちの詩

 小学生の時、いじめにあって、僕は、学校へ行けなくなった。
いろんな人の協力で、いじめはおさまったかに見えたけど、
中学校へ入ったら、仕返しがまっていた。
「どうして、いつも僕だけがこんなめに会うんだろう」
気が付いたら、陸橋の手すりの上にたっていた。
間一髪で、発見されて、命はとりとめたが、
それから、僕は、部屋に引きこもるようになった。
家族とも話さず、とうとう食事もろくにとれなくなった。
母は、そんな僕を、毎日、祈るような気持ちで見守ってくれた。
毎日、食べない食事を片づけ、また、食事をつくって、部屋まで運んでくれた。
「もし、留守の間に、この子に何かあったらどうしよう」
心配で、外出するのも怖かったらしい。
僕は、暗い部屋の中で、1人、孤独と闘っていた。
この闇の中から這い出るために、一冊の真理の本を必死で読んでいた。
それから、僕たち親子は、仏法真理を学び始めた。
そして、いつしか、苦しみを、教訓へと変えていくことができ、

ネバーマインドについて

〒142-0051
東京都品川区平塚2-3-8
幸福の科学戸越精舎3階

TEL:03-5750-1741

FAX:03-5750-0734

続きを読む

©Happy Science